ニュース一覧

法人成りするメリット

ガッツポーズ

法人成りで優遇を受けよう

一般に会社設立をするには個人事業主という場合と法人設立という場合がある。個人事業主はいわゆる副業などの場合が多い。一方で法人設立というと会社設立ということになる。個人事業主から法人になることを法人成りということもあるが、それだけ会社設立するメリットは大きい。特に東京などの大都市では企業もたくさんあるなかで、信用を得られるかどうかということは大きな問題となる。会社設立となれば、まずは社会的な信用が増す。商品の仕入れなどの面でも優遇されるし、銀行などの金融機関からの信用も飛躍的にあがる。しかも税制面でのメリットも大きい。損金計上できる範囲も大きくなるし、税率の面でも優遇される。しかしながらそのためには、いろいろな確認作業や登記などの手続きが必要になる。多くの場合は司法書士などの頼むケースも多いが、かなりの手数料がかかる。それに対して東京などでは会社設立の代行サービスなどが立ち上がっている。これらのサービスを活用すると、まず手数料が安くてすむ。さらに登記だけではなく、各種の経営サポートを受けられる場合も多い。起業にあたっては、例えば東京都内で屋号が他社と同一でないかどうかといった面倒で専門家の手助けが必要な場合もある。特に東京などの大都市では、多くの企業が存在するために困難を極める。代行会社で必要に応じて司法書士や行政書士に頼み、事業計画書といった書類や資金の準備の相談といった細かいサービスまで受けられ、資金も安く抑えられるからおすすめのサービスと言える。